46熊カフェ 0からはじめる46の言葉

大体WIXOSSの話してます

37 もし新元号が平成だったら

荒唐無稽が過ぎると思うけど、そんな事を考えていた

元号『平成』が発表され、平成に生まれた人間皆が生まれた瞬間まで時間を戻される

ついぞ先刻まで、新しい元号の発表に胸躍らせていた頃までの記憶を持って

 

もし、そんな事になったら

 

ある人は成功した人生を追体験するかもしれない

ある人は取り返しの付かない失敗を二度としないよう奮闘するかもしれない

あるいはもうどうしようもない事が分かっていて幼き頃に命を絶つかもしれない

ただそんな中で僕は、ただただもう一度同じ人生を忠実になぞる事だけを考えていた

 

どうしても、2016年4月から埼玉で生活をしたかったから

 

本気を出せば何だって成功させられるかもしれないけれど、あくまで同じように振る舞い同じような道を行く事にした

ゲームは一日30分しかしない、運動は剣道をやって足壊して引退する、辛いと、才能がないと、深い傷が残ると分かってても吹奏楽を10年続けてそれ以降は一切関わらないようにする

 

小学校でどんな卑劣な苛めに遭おうとも

中学校で人生一度の思い出をぐちゃぐちゃにされようとも

高校大学で他者の為に自分を犠牲にして社会人になって沢山の悪意に精神を病んでも

全てのフラグを回収して同じ高校大学会社へ入り、特に埼玉へ出向するきっかけとなった(と信じている)あの出来事、会社を辞めたいと先輩に泣きついたこと、またその泣きつくまでの非道い生活に繋げるために一挙手一投足を大事にして

 

関東の学校へ行くよりも関東の会社を狙って入社しようとするよりもきっと一番良い方法だと信じて

 

 

そして2016年5月。僕はまたあなたに会う。二度目は変に緊張して、震えて上手く話せないかもしれない。何かに邪魔されてしまうかもしれない。そもそも会えない可能性だってある。

でも絶対に言う。史実通りなら一人きりで携帯をいじってて何か暇そうにしているあなたに。

 

『すみません、もし暇だったら空いてる机でフリーしませんか?』

 

何度だって巻き戻されるなら何度だって繰り返してやる

何度だって会いに行ってやる、何度だって遊びに行ってやる

繰り返すたびに少しずつうまくあなたと仲良くなるのがうまくなってやる

 

繰り返すたびに少しずつ、あなたを幸せにするのがうまくなってやる

 

 

 

あ、そうだ一つだけ

ウィクロスだけは1弾発売日からちまちまやっててもいいですか

変に活力出ちゃって仕事も乗り切れちゃうかもしれないからほどほどにしますんで

クソデッキマニアだからさ、晩成爾改とか全盛期ミルルンとかノゲファフ一覇オーラとか使ってみたいんだ

そして

黒い衣の花嫁が使えるようになったら、出来る限りすぐに使ってやりたいんだ

 

 

 

ツイッターだと文字数が足りないのでこっちに。推敲なんてしませんが、たまにはこんな小説とも違うエッセイ的な物も良いんじゃないかと

私が書くと似ッ非イなんですけどね、がはは

37 もし新元号が平成だったら

荒唐無稽が過ぎると思うけど、そんな事を考えていた

元号『平成』が発表され、平成に生まれた人間皆が生まれた瞬間まで時間を戻される

ついぞ先刻まで、新しい元号の発表に胸躍らせていた頃までの記憶を持って

 

もし、そんな事になったら

 

ある人は成功した人生を追体験するかもしれない

ある人は取り返しの付かない失敗を二度としないよう奮闘するかもしれない

あるいはもうどうしようもない事が分かっていて幼き頃に命を絶つかもしれない

ただそんな中で僕は、ただただもう一度同じ人生を忠実になぞる事だけを考えていた

 

どうしても、2016年4月から埼玉で生活をしたかったから

 

本気を出せば何だって成功させられるかもしれないけれど、あくまで同じように振る舞い同じような道を行く事にした

ゲームは一日30分しかしない、運動は剣道をやって足壊して引退する、辛いと、才能がないと、深い傷が残ると分かってても吹奏楽を10年続けてそれ以降は一切関わらないようにする

 

小学校でどんな卑劣な苛めに遭おうとも

中学校で人生一度の思い出をぐちゃぐちゃにされようとも

高校大学で他者の為に自分を犠牲にして社会人になって沢山の悪意に精神を病んでも

全てのフラグを回収して同じ高校大学会社へ入り、特に埼玉へ出向するきっかけとなった(と信じている)あの出来事、会社を辞めたいと先輩に泣きついたこと、またその泣きつくまでの非道い生活に繋げるために一挙手一投足を大事にして

 

関東の学校へ行くよりも関東の会社を狙って入社しようとするよりもきっと一番良い方法だと信じて

 

 

そして2016年5月。僕はまたあなたに会う。二度目は変に緊張して、震えて上手く話せないかもしれない。何かに邪魔されてしまうかもしれない。そもそも会えない可能性だってある。

でも絶対に言う。史実通りなら一人きりで携帯をいじってて何か暇そうにしているあなたに。

 

『すみません、もし暇だったら空いてる机でフリーしませんか?』

 

あ、そうだ一つだけ

ウィクロスだけは1弾発売日からちまちまやっててもいいですか

変に活力出ちゃって仕事も乗り切れちゃうかもしれないからほどほどにしますんで

クソデッキマニアだからさ、晩成爾改とか全盛期ミルルンとかノゲファフ一覇オーラとか使ってみたいんだ

そして

アルフォウが使えるようになったらすぐに使ってやりたいんだ

 

 

 

ツイッターだと文字数が足りないのでこっちに。推敲なんてしませんが、たまにはこんな小説とも違うエッセイ的な物も良いんじゃないかと

私が書くと似ッ非イなんですけどね、がはは

37 もし新元号が平成だったら

荒唐無稽が過ぎると思うけど、そんな事を考えていた

元号『平成』が発表され、平成に生まれた人間皆が生まれた瞬間まで時間を戻される

ついぞ先刻まで、新しい元号の発表に胸躍らせていた頃までの記憶を持って

 

もし、そんな事になったら

 

ある人は成功した人生を追体験するかもしれない

ある人は取り返しの付かない失敗を二度としないよう奮闘するかもしれない

あるいはもうどうしようもない事が分かっていて幼き頃に命を絶つかもしれない

ただそんな中で僕は、ただただもう一度同じ人生を忠実になぞる事だけを考えていた

 

どうしても、2016年4月から埼玉で生活をしたかったから

 

本気を出せば何だって成功させられるかもしれないけれど、あくまで同じように振る舞い同じような道を行く事にした

ゲームは一日30分しかしない、運動は剣道をやって足壊して引退する、辛いと、才能がないと、深い傷が残ると分かってても吹奏楽を10年続けてそれ以降は一切関わらないようにする

 

小学校でどんな卑劣な苛めに遭おうとも

中学校で人生一度の思い出をぐちゃぐちゃにされようとも

高校大学で他者の為に自分を犠牲にして社会人になって沢山の悪意に精神を病んでも

全てのフラグを回収して同じ高校大学会社へ入り、特に埼玉へ出向するきっかけとなった(と信じている)あの出来事、会社を辞めたいと先輩に泣きついたこと、またその泣きつくまでの非道い生活に繋げるために一挙手一投足を大事にして

 

関東の学校へ行くよりも関東の会社を狙って入社しようとするよりもきっと一番良い方法だと信じて

 

 

そして2016年5月。僕はまたあなたに会う。二度目は変に緊張して、震えて上手く話せないかもしれない。何かに邪魔されてしまうかもしれない。そもそも会えない可能性だってある。

でも絶対に言う。史実通りなら一人きりで携帯をいじってて何か暇そうにしているあなたに。

 

『すみません、もし暇だったら空いてる机でフリーしませんか?』

 

あ、そうだ一つだけ

ウィクロスだけは1弾発売日からちまちまやっててもいいですか

変に活力出ちゃって仕事も乗り切れちゃうかもしれないからほどほどにしますんで

クソデッキマニアだからさ、晩成爾改とか全盛期ミルルンとかノゲファフ一覇オーラとか使ってみたいんだ

そして

アルフォウが使えるようになったらすぐに使ってやりたいんだ

 

 

 

ツイッターだと文字数が足りないのでこっちに。推敲なんてしませんが、たまにはこんな小説とも違うエッセイ的な物も良いんじゃないかと

私が書くと似ッ非イなんですけどね、がはは

36 Bitter Sweet Valentine ~アルフォウとの場合~

※別にアルフォウの記事ってわけじゃないです

※28ルリグ分やろうと思ったんですが全部書き上げるのが100年先くらいになりそうなんでとりまで上げてみました

※ルリグカードの背景無視してます

※恥ずかしいので固定はしません

※週1くらいで文章の練習したいくらいにはブランクを痛感しました

 

 

 

 

「あら、熊さんじゃないですか」

 

日も落ちて薄暗くなっていた夕暮れ。自転車を押しながらとぼとぼ歩いていた僕に。
彼女、市内でもそこそこ知名度の高いお嬢様校の気品溢れる制服を着た彼女は声をかけた。

 

本日は2月14日。やけに軽そうな荷物した僕はさぞ滑稽に見えたことだろう。
友人の中には居もしないチョコをくれる相手を待っては普段以上に放課後の自習に精を出したり勉強したくないからと無駄に身の回りの整理整頓を始めたりと言う輩も大勢居たが。


生憎僕はそういうのではなくて純粋に部活のOBとしての責務を全うしていただけだったのであるからして。

 

「別に誰かチョコくれないかなーとか待ってた訳じゃなくて、部活のOBOGで作る冊子の居残りしてただけだからな」
「別にそんな否定しなくても…ふふっ」
「……まあそちらの予想通り、チョコは貰ってないぞ。あいつら揃いも揃ってチョコとか作らない武闘派の連中だから」
吹奏楽部なのに何の女気も無いなんて何事かってずっと言われてましたからねー」

 

気付けば足を止め、自転車を停めて語らう僕。彼女は手入れが大変とぼやいていた銀の髪を風になびかせ、かじかんだ両手にふうふうと息を吹きかける。
寒がりは相変わらずらしい。

 

「じゃあ、そろそろ帰るんで」
「あらつれない。ところで…」

 

彼女は行儀よく整理された鞄の中に手を入れ。まさぐってまさぐってまさぐって、ふと手を止めた。

 

「何だと思いました?」
「何て…」
「またまた……」

 

彼女が鞄から取り出したのはハートの形をしたピンク色の物体。

 

 

f:id:xylophoON:20190226224427j:plain



 


彼女が、いや『元』彼女が。もう自分には向けるはずの無いと思っていた顔を向けて。
それはこの日この時この瞬間だけの、きっと二度と訪れないものだった。

 

「…貰っておく。その…ありがとう」

 

別にチョコが好きなわけじゃない。元彼女へ未練があったわけでもない。ただ何となく受け取ってしまった。
同時に、彼女だってただ何となく渡したのだろう。既製品の、どこにでも売っているチョコを。

 

「どういたしまして。……そういえば風の噂で聞きましたけど、ナナちゃんと喧嘩中なんですってね」
「あいつが言ったのそれ」
「さあ……女子のネットワークってそれはもうものすごいので」

 

ふふっと笑って微笑む彼女。釣られて僕も自然と頬が緩んでしまった。

 

「まあ、悪いのはこっちだし何とか頑張ってみるさ。にしてもお前らの方はラブラブで羨ましいよ」
「何てったって年季が違うので。ふふん」
「……それじゃあまた」

 

軽く手を振って、僕は自転車に乗った。風がまた一つ吹いた。


……………

………

「はぁ…はぁ…悪い遅くなった」
「何ですかまたパチですか」
「んなわけねぇやろ高校生やぞ」
「あれ、今はそう言う設定でしたっけ」

 

 

…それは遠くない未来。

 

「また戦うことになりましたね、私と一緒に征く道を捨てた事、後悔させてあげますから」

「後悔なんてしないさ、次こそ勝たせてもらうからな」

 

「「オープン!!」」

35 わたてん周回しまくってたら優勝出来たってマジ? ~天神イエサブセレモニーに参加してきました~

丁度一年前に キスドラを握った夜~

 

http://xylophoon.hatenablog.com/entry/2018/02/18/150439

詳細はこちらを参照して下さい(あと一週間で1年くらいみたいですね、丁度とは

 

と言う事で1ヶ月くらい熊本のパチパチさんに玉座から蹴落とされてましたが今回無理対面から逃げ延び不利体面は頑張り再び玉座に戻ってくることが出来ました

二連覇して調子に乗ってたところにセレモニーで処されウカップでも振るわず熊悶々だったのでやっと結果を残せて良かったです

f:id:xylophoON:20190211225524j:plain

 

今回はHN:姫坂乃愛で参加しました。わたてん効果恐るべし。もっと皆わたてんを見て盾をぽいぽいぽいぽーいしよう

f:id:xylophoON:20190211224200j:plain

↑乃愛ちゃん。言うて一番好きなのはみゃー姉なんですが乃愛ちゃんのメスガキ感も中々ポイントが高いです

流石にアンリミ環境でキスドラ使おうとは思ってません。なので多分キスドラをまともに使える最後の環境だったかなと思ったりして

 

今日は疲れたのでこの辺で。一応チューニングはしたと言えど大半がねへほもん先生の構築ままなので詳しい回し方や対策は熊のツイッター(@Polaris0046)まで

34 限りない夢を求めて ~ウィクロスカップ福岡参加してきました~

本日一度たりとも負けてはいないのですが己が不徳の致す所でベスト8でした

とりあえず構築を。と言ってもほとんど既存の黒夢限と同じですから私が偉そうに語れるものなど無いのですが

f:id:xylophoON:20190126195323j:plain

(NO IMAGEはハッピー5ですね、ホロの

 

どうしても語りたい子が居るので少しだけ

f:id:xylophoON:20190126195500j:plain

f:id:xylophoON:20190126195508j:plain

俺達はいつでも二人で一つだったみたいなそんなシグニ。

出現時コストは結構重い割に控えめなので道中引くと弱く色も黒ではないためマーリン等のコストに払えないと結構しんどい子達なのですが、あまりにもハッピー5分で守りきられて負ける対面が多かったため採用しました。

強い点は以下の通りですが多分まだまだあります、実際この子達が居なかったら今日勝てなかった対面もあります

①レベル2なのでアルババで釣ってこれる、特に後半はサーバントFで奇数鯖全てデッキから引っこ抜くのでアルババさえ居ればほぼ確実に釣れる

②面空けまたは面埋め防御が残っていない場合サイクロンインターセプターが確実に通る

③本来夢限からは想定出来ない1ハンデスが飛んでくる

道中のノイズを受け入れてでも使いたいシグニでした、実際こいつらのお陰で勝てた試合は多くあれどこいつらのせいで負けたことは無いので採用枚数もこのくらいで丁度いいかなと思いました

勿論22で積むと2点ぶち込んで殺せますがその場合の二面空けは結構しんどいので諦めてよかったのかなと

 

試合自体特筆すべきことは特に無いです。私は才能も無ければ運も無いのでひたすら勉強と実践、試行錯誤を繰り返すことしか出来ませんでした。

前日までほぼ全ての対面(タマだけは相手が見つからなかった)を練習し先手でも後手でもリーサルまで届くように組み立て、時にはブラフも交えながら1%でも勝てるように努力したつもりです。勿論時間切れバーストチャンス以外で

 

現実は勝ち確を一瞬動揺したせいで時間切れ(1秒未満の差)からバーストチャンスで負けてしまいましたが

 

f:id:xylophoON:20190114221314j:plain

f:id:xylophoON:20190114221530j:plain

なんにせよ、私のウィクロスカップはこれで終わりです。

今まで私の下らない夢に付き合ってくれた純愛の二人には本当に感謝してます。

もしまた何かの機会があったら、一緒に戦って下さい

 

 

 

 

とか何とかいってますが

ウィクロス始めて3年近く、一度も思った事の無い『辞めたい』が頭を過ぎりました。

 

まあ続けるんですけどね、これまで通り独りきりで

 

やっぱり無理があるのかもしれないなーと、分かっているの本当は

33 奏でるソウルにCut IN! ~イエサブ天神セレモニー参加してきました~

とりあえずベスト8で終わったしデッキの中身も初代王者完全監修なので結果を残してから語ろうと思います

 

今回使った夢限、何で使おうと思ったかなんですが

 

f:id:xylophoON:20190114221314j:plain

f:id:xylophoON:20190114221413j:plain

そう言うことなんですよね(知らない人は是非ゾンビランドサガを観て下さい割とマジで

 

あと夢限に入るキー、個人的にはエクシードを綺麗に使いきれるピルキー推しなんですが

f:id:xylophoON:20190114221530j:plain

f:id:xylophoON:20190114221837j:plain

純愛だこれ。いやもうやーらしか

 

 

 

と言う訳であともうちょっとだけこのやーらしかデッキがいちゃいちゃしてる所を遠くから眺めるオタクになります